鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

合鍵の作成

万が一の時にも安心

みなさんは普段使っている鍵の「予備」をちゃんと作っているでしょうか?
もしも普段使っている鍵を無くしたり落としたりしてしまった時にも、このように予備があればそれを代用して使うことができますよね。
ですから、万が一の時でもひとまず安心ができるということです。
このような鍵の予備のことですが、一般的には合鍵と呼ばれています。これはみなさんも既に知っていることかと思いますし、実際に合鍵を作っている方も多いのではないでしょうか?

合鍵を作るメリット

合鍵をつくるメリットは色々あります。
例えば、合鍵を作ってそれを使用することで、元となる鍵(純正キー)を老朽化させる心配もありません。
鍵の状態は目で見てその変化に気がつくことは難しいですが、傷が着いたり、すり減ったり、曲がってしまったり…と少しずつ状態に変化が現れています。
そうなると、鍵穴にスムーズに鍵が入ってくれなくなったり、回ってくれなくなる事態にも繋がります。
そのような状態の鍵からは合鍵を複製するのも難しいです。しかし、元となる鍵が綺麗な状態であればもう一度合鍵をつくる事も可能とですし、純正キーを再び老朽化させることなく万が一の時に備えて保管しておけるのです。

鍵屋さんにお任せ

合鍵を作るとなると、お世話になるのが鍵屋さんです。
日本の鍵屋さんは玄関や車のみならず、貴重品を保管する金庫や会社で使用しているデスクの鍵などあらゆるタイプの鍵の合鍵を作ってもらえます。
また、中には長年の使用によってひどく痛んでしまった鍵や変形している鍵であっても、そこから合鍵を作ってくれる驚きの鍵屋さんも存在しています。
合鍵の作成と聞くと、車や玄関の鍵を思い浮かべる方も多いと思うのですが、このように合鍵はあらゆる鍵から作れるのです。
実は、合鍵の作成は安いものなら数百円〜1000円程度で作れてしまいます。また、このタイプの鍵の場合ですと完成するまでの時間も数分程度と非常に短いです。
その為、鍵屋さんに鍵を預けてそのわずか数分後には、もう立派な合鍵を手にすることだってできてしまいます。
その他にも、鍵には防犯性の高いタイプや特殊なタイプの鍵もありますよね。そのような合鍵の場合ですと、料金はおよそ2000円〜が一般的になっています。
こういった鍵の場合は、元々の鍵の形や作りが複雑になっていることもあってか、作成までには30分ほど要する場合や後日受け取りとなるケースもあります。