鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

セキュリティーを強化したい

鍵がかかっているだけでは不安

鍵がしっかりかかっていると、泥棒などの被害に遭うリスクもかなり軽減されます。
しかし、現代は物騒な世の中でもあってか鍵をかけていても不安を感じてしまう…という方も少なくはないようです。
この場合、一体どうすればそんな不安な気持ちは改善されるのでしょうか?
例えば、防犯カメラを自宅の前に設置するとか、人気を感じると瞬時に反応するセンサーライトを発生するとか様々な対策もその一つですよね。
これらの方法ももちろん大切な防犯対策であるのですが、その他にもぜひチェックしてみて欲しいのが、鍵のセキュリティー能力を高めることです。
実際にそのようなセキュリティー強化に最適な鍵はたくさん登場しており、不安な気持ちを引きずらずしっかりと自宅を守ることができます。

セキュリティー強化の基本、ピッキング対策

鍵のセキュリティー強化と言えば、ピッキングされない鍵を設置することは基本になります。
ピッキング被害はピーク時に比べると現在はかなり軽減しています。しかしピッキング被害が全くなくなったかと言えばそうではなく、現在でも被害が発生しています。
ピッキング被害が今だに起きている理由としては、単純にその鍵がピッキングしやすい鍵であるからです。もしも現在使用している鍵が、ピッキングに狙われやすい鍵の場合。その場合はできるだけ早めに交換することをおすすめします。
ピッキングに強い鍵として一般的なのが、「ディンプルキー」です。ディンプルキーはかつての鍵と比べて「ピン」という部品が多く設置されているのが特徴です。
具体的に言いますとピンの数は全部で18本となっており、ピッキングに狙われやすい鍵の3倍の数になります。
ピンが多ければ多い程防犯性が強いと言われており、ディンプルキーはピンの数が多いのはもちろん、それらのピンが上下左右から設置されています。
このような作りから、ディンプルキーはピンキングによって解錠するのはほぼ無理であり、自宅のセキュリティー強化として使用する鍵としては実に最適です。

サムターン回しにも御用心

サムターン回しとはドアに穴を開けるなどし、そこから手や道具を入れて内側から鍵を回して解錠する犯罪です。
この被害に遭わない為の対策としては、内側の鍵が回せないように専門カバーを設置したり、ドアの内側から補助錠によって鍵をかける等があります。
専門のカバーや補助錠は数百円から数千円で販売されていたり、簡単に取り付けられるタイプもあります。
ですから、自分で鍵のセキュリティー強化を行なう時にもおすすめです。もちろん、自分で設置するのは不安な場合は鍵の業者へ依頼する方法もあります。