鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の回りが悪い

無理矢理鍵を回そうとしない

普段と同じように鍵を使用しているはずなのに、ある時突然鍵の回りが悪くなってしまった経験はありませんか?
これは鍵に発生するトラブルのひとつで、鍵穴に鍵が差し込めるのに鍵が開かないといった事態にも陥る可能性が高いです。
このように「鍵が回らない」といった状況に遭遇した時、つい無理矢理鍵を回してしまいそうになりますが、それは厳禁です。
なぜなら、無理矢理回すことによって鍵が折れたり曲がってしまったりする場合もありますし、鍵穴にも負担をかけてしまう場合もあります。
こういった場合は鍵穴に異物が入っていたり汚れが蓄積している場合も多く、それが原因となっているならば鍵を分解して綺麗にする対処が必要です。
また、鍵穴に差し込む鍵事態に問題がある場合もあり、その場合は鍵を新しく作りなおしたり、鍵を交換するなどの対処方法になります。

円滑剤の使用

鍵の回りが悪いと感じた時、ついやってしまいがちな誤りが円滑油の使用です。
市販の円滑油は、確かに油をさすことで滑りが良くなるアイテムです。しかし、それは果たして鍵専用の円滑油でしょうか?もしもそうでない場合ですと、鍵の回りが良くなってもそれは「一時的」な結果でしかありません。
鍵専用でない円滑油を使用することは、鍵穴に汚れや細かいホコリを返って溜め込みやすくなる為、同じように鍵が回らないトラブルが再発する可能性も高いです。
そんな鍵は一旦分解し、綺麗に汚れや異物を取り除く必要があります。しかし、鍵の作りは複雑になっていますので人によっては分解が難しい場合もあるでしょう。
もしも自分では難しいと判断した場合は、賃貸の場合ですと大家さんや管理会社へ相談してみる、戸建て住宅の場合は鍵の業者へ相談してみるのもおすすめです。

面倒な結果を導かない為に

鍵が回らないといったように、少しでも鍵の様子がおかしいと感じた時は、何らかの対策を早めに行なうのが大切です。
このように早めの対策を行なう事は、状況を更に悪化させないことや1日も早く元通りの快適な鍵に戻すための大きなポイントとなります。
それは、鍵が突然壊れたり鍵を丸ごと交換しなくてはならなくなったりと、思わぬトラブルや大掛かりな修理作業、余分な費用の出費などと、返って面倒な結果にもなりかねません。
「まだ使えるだろう」「これくらいなら平気だ」と、鍵の不具合をそのまま放置するのでなく、早めに適切な対応を行いましょう。