鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

補助錠

鍵は一つだけ設置するもの?

鍵は必ずしも一つだけそこに設置されているとは限りません。
そこには1つだけの鍵が設置されている場合もあれば、2つ、3つと設置されている場合もあります。
このように、1つの鍵に追加して設置する鍵のことを、「補助錠」といいます。
補助錠を設置するメリットと言えば、やはり防犯性を高めることです。
鍵を開けられてしまうのを防止できるのはもちろん、鍵がいくつも設置されている様子は犯罪を起こそうという気さえも抑制することができます。

玄関に設置せれている補助錠

補助錠が設置される代表的な場所として挙げられるのが、玄関です。
様々な住宅の玄関をふと見てみると、そこにはいくつかの鍵が設置されている光景を見かけたこともあるのではないでしょうか?
その光景はまさに補助錠が設置されている状態であり、1つだけ鍵が設置されている玄関よりも防犯性は高いです。また、このような状態は「ワンドアツーロック」や「ワンドアスリーロック」と呼ばれます。
外から建物内に侵入して発生する犯罪は、「どれだけの時間」をかけて侵入口を開けられているかが大きく関係してます。鍵の設置数が多ければ多いほど、玄関や窓を開けるまでの時間はかかってしまうわけであり、その分防犯性を高められるのです。
このタイプの犯罪の約7割は侵入口の確保までに「5分以上」かかってしまうと諦められており、「10分以上」となると9割以上が犯罪を諦めます。
玄関に補助錠が複数設置されており、なおかつそれらが防犯に特化した鍵だとどうでしょうか。
一つの鍵を万が一開けられたとしても、残りの補助錠を開ける時間がそこには必要となりますので被害に遭う可能性も非常に低くなります。
また、補助錠が設置されている状態は、防犯がしっかりと行われていることをアピールしているのと同じです。その為、はじめから犯罪を起こす場所として狙われることも非常に低くなります。

窓や玄関に簡単に設置できる

窓に設置されている鍵は防犯の為に設置されているものでない為、できるならこちらの補助錠を設置しておきたいところ。
また、大掛かりな工事を必要とせず、サッシや水返しなどに簡単に設置するだけの補助錠がほとんどです。
ですので、賃貸マンションのような家を借りている場合でも簡単に窓の防犯対策として活用することができ、安全な日常を確保できます。
窓のみならず玄関や室内の部屋の扉にも、このような簡易的な補助錠があります。
「玄関に穴を開けたり大掛かりな工事をするのはちょっとなあ…」、「とりあえず急ぎで補助錠を設置したい!」等。このような場合は上記で述べた簡易的な補助錠を設置するのもおすすめです!