鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

マンションの場合

意外にも狙われている

泥棒による犯罪が最も多く起きている場所に住宅がありますが、その中の一つであるのが「マンション」です。
マンションと聞いて、意外だと感じた方もいるのではないでしょうか?現代のマンションには、オートロックや防犯カメラが設置されている場所も多いですし、まさかそのような場所に泥棒が入るなんて…と思うかもしれません。
しかし、そのような防犯対策がしっかりとされていても、実際に泥棒による被害が発生してしまっています。
その原因の一つとなっているのが、住民による無施錠です。
「オートロックがマンションに設置されているから、マンションの中には部外者は入って来れないだろう。」「高い階に暮らしているから、鍵をかけなくても泥棒の心配はない。」
マンションで暮らすと、ついこのように泥棒とは無関係に思ってしまう場合もありますが、現実では戸建て住宅に続いて二番目に泥棒による被害が多く発生しています。

窓の鍵の防犯対策

マンションは泥棒が入りにくい建物かと思いきや、むしろ泥棒にとっては狙い易い場所だったりもします。
例えば、戸建て住宅とは違っていくつもの世帯が一つの建物内に集合している為、一度にたくさんの犯罪を行うこともできます。
また、一人暮らしをしている住人も多く、留守中を狙いやすいのもマンションが狙われやすい理由の一つです。
そんなマンションの窓は泥棒が一番侵入経路としていることもあり、防犯対策として窓の施錠はしっかりとしておきたいところです。
近年では、防犯に特化している窓の鍵や、グッズもたくさん登場していますので、そのようなアイテムを工夫して使うのもおすすめです。
それに、そもそも一般的な窓についている鍵は本来鍵としての役割を果たす為に設置されたのでなく、「締め具」として設置されたものです。それもあってか、一般的な窓の鍵は鍵穴があるわけでもなく、指でひと捻りするだけで簡単に開け閉めができます。
そのような鍵を開けられないようにする為に、前述したように窓専用の防犯に特化した様々な鍵が販売されています。ダイヤルによってしっかり施錠できるものや、カバーが取り付けられてちょっとやそっとでは鍵に触れることもできないようなアイテムもその一つです。

防犯意識、持っていますか?

例え高層マンションで暮らしていたり、最上階に暮らしていたとしても、実際に泥棒による犯罪は発生しています。
その為、同じく泥棒に狙われやすい戸建ての住宅と同じく、マンションに対しても高い防犯意識は必要です。