鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

鍵の修理、交換、防犯対策などについてマスターしよう

戸建ての場合

泥棒による犯罪が最も多い場所は?

「泥棒の被害には遭いたくない!」
誰だってこのような思いを持っていると思います。ですが、悲しいことに現実では泥棒による被害が日本各地で発生しています。
つまり、それだけ泥棒の被害に遭ってしまっている人がいるということです。
みなさんは泥棒がどんな場所へ侵入し、そこで犯罪を犯しているかご存知ですか?それは宝石店のような、高価な品が揃えられているお店でしょうか?はたまた、営業時間を終えて人がすっかり居なくなったお店でしょうか?
これらの場所も泥棒に狙われ易い場所ではありますが、それ以上に被害が多発しているのが「戸建ての住宅」なのです。

鍵のかけ忘れ

泥棒による被害が最も多く起きているのが、戸建ての住宅です。
これは泥棒による犯罪の4割を占めており、一番割合が多いです。
そんな泥棒は一体どのようにして住宅に忍び込んでいるのかといいますと、「意外にも鍵がかかっていない玄関や窓」からというではありませんか。その割合は犯罪発生場所と同じく全体の4割を示しており、最も多いと思われがちなガラス割りによる侵入よりも多くなっています。
戸建て住宅には、玄関をはじめにさまざまな場所に扉や窓が設置されています。外出などの際、それらの場所の鍵をみなさんはかけ忘れてはいないでしょうか?
また、少しくらいなら…と短時間の間だからといって鍵をかけずに外出をしてはいないでしょうか?
泥棒はそんな鍵のかけ忘れや、鍵をかけていないちょっとした隙を狙って犯罪を起こしていますので、防犯対策の一つとして注意が必要です。

鍵の状態も要チェック

戸建ての住宅の防犯対策として、注意しておきたいのが鍵の施錠です。
ですがここでもう少し踏み込んだ防犯対策をするとなると、「鍵の状態」もまた大切なところ。
古いタイプの鍵を使用している場合は防犯性にも欠けているケースも多く、施錠をしていても簡単に鍵を開けられてしまうこともあります。現代発売されている鍵の多くは、かつての鍵に比べて防犯性がどれも高いものばかりです。古い鍵が使用されているならば防犯対策として新しい鍵に交換し、なおかつしっかりと施錠するのがおすすめです。
また、鍵が壊れてかけていたり状態が悪い鍵も同じ事が言えるでしょう。うっかり鍵が外れてしまって泥棒が簡単に侵入できてしまうと、それは施錠をしている意味がありません。
そのような鍵も修理や必要であれば交換をし、泥棒が万が一近寄ってきても犯罪を犯せないようにしておきましょう。